WLDのロゴ

【業界関係者の皆様へ】

ウィリアム・レニーダイヤモンドの
ソーティングについて

ウィリアム・レニーダイヤモンドのすべてのルースは、下記のいずれかの第三者鑑定機関によるソーティング及び自社の資格保有者(GIA.G.G.)による品質確認を済ませております。但しカット評価は、ウィリアム・レニーダイヤモンドがCrown-K-Cutという特殊カットとなるため、すべてVG以下の記載となります。カットグレードでVG以上の評価を得るためには、古くから世界的な基準とされているクラウン角度32度~36度が求められますが、Crown-K-Cutでは、最新の浅い角度(25度前後以下)で仕上げて、評価対象から故意に外しております。例えVG以下の評価でも一目瞭然、どなたが観ても素晴らしい輝きに仕上げられておりますので、どうぞご安心ください。また、社内基準として、ウィリアム・レニーダイヤモンドのソーティングを依頼する国内の鑑定機関は一般社団法人宝石鑑別団体協議会(AGL)に加盟している団体様に限らせて頂いております。

〔これまでのソーティング実績順〕

なお、ご購入頂きましたお客様には、販売前に鑑定したソーティングの内容を弊社保証書に記載し提供させていただいております。
各保証書は、株式会社ジュホウが厳格に管理し、すべてのウィリアム・レニーダイヤモンド1石に付き1枚ずつ発行し、上記ソーティング機関のいずれかの管理番号を記載して、ご希望のお客様には即座にソーティング内容を公開出来る体制となっております。

ウィリアム・レニーダイヤモンド
品質管理責任者

木村亮治
(GIA.G.G.A.J.P.)

G.G.は、Graduate Gemologistの略で、G.I.A.で宝石学の教育を修了した宝石の専門家であり、その教育課程の内容と性格から、宝石鑑定士として認知されます。現在の日本には宝石鑑定・鑑別の国家資格はありません。そのため、日本のジュエリー業界においては国際的に認められているこのG.G.の保有者を公認の鑑定士であると認知しています。G.G.とは、国内の枠にとらわれず、世界的に共通の価値観を持つプロフェッショナルの証なのです。

A.J.P.Applied Jewelry Professionalの略で、専門的な宝石学の知識を応用したり活用したり出来る人と表現します。G.I.A.のプログラムを修了したプロの宝石販売員という位置付けで、修了後にG.I.A.発行の信任状が供与されます。